【イベント】中国四国支部 読者の集い IN福山

中国四国支部主催:広島県初開催
■ワカモノたちの田園回帰

=============================

いつも現代農業をはじめ、当会の出版物をご愛読いただきありがとうございます。

今年も「読者のつどい」を開催することになりました。6回目となる今回は、地方創生の実践的考え方である「田園回帰1%戦略」で現在、多方面から注目される藤山 浩さん(島根県中山間地域研究センター研究統括監)をお招きしての講演と、「田園回帰」最前線の3名の実践者の報告をもとに皆様方と語り合うつどいとしたいと考えております。「六十・七十は鼻たれ小僧」と言われるほど中国山地の農山村において「ワカモノ」という言葉に年齢は関係ありません。

「田園回帰」への第一歩を一緒に考えていきましょう。

■日時:平成28年3月12日(土曜日)13時〜16時(12時より受付
■場所:まなびの館ローズコム(福山市生涯学習プラザ)
広島県福山市霞町一丁目10番1号 TEL:084-932-7265
■定員:100名 参加無料

============================
<基調講演>
講師:島根県中山間地域研究センター研究統括監
島根県立大学連携大学院教授、博士(マネジメント) 藤山 浩 
「田園回帰1%戦略 〜地元に人・仕事・暮らしを取り戻す〜」

■プロフィール:藤山 浩(ふじやま こう)。1959年、島根県生まれ。1982年一橋大学経済学部卒業。2008年、広島大学大学院社会科学研究科博士課程後期終了。1998年より島根県中山間地域研究センター勤務、2013年から現職。著書『田園回帰1%戦略 地元に人と仕事を取り戻す』(農文協 2015年)など。

===========================パネルディスカッション 「ワカモノたちの田園回帰 〜実践編〜」


●農業生産法人 蒜山耕藝 高谷 裕治 氏(たかや ゆうじ)
東京都出身。2011年夏、妻と仲間とともに岡山県真庭市に移住。蒜山耕藝(ひるぜんこうげい)を設立。自然農法による米・野菜等の販売・加工に取り組む。2014年、直売所・加工所・カフェの機能をもつ「蒜山耕藝の食卓 くど」をオープン。

真庭市在住 農民 清友 健二 氏(きよとも けんじ)
岡山県真庭市出身。祖父が夢枕に立ち、自分を取り戻すためUターン。少量多品目の直売所を経営。木質ペレットボイラーを活用しトマトの早出し栽培を行う。『里山資本主義』にも登場する。馬や豚も飼い、次世代の子供が憧れるような農民を目指す。元農文協職員でもある。

●株式会社 恵 代表 宮迫 恒也 氏(みやさこ こうや)
広島県世羅町で2007年設立の農事組合法人代表。作業受託含め約55haの面積で米・麦(もち麦)、飼料イネのほか、キャベツなど野菜5品目を栽培。役員含め9名の正社員と、パート4名、新規就農を志す実習生の受け入れも行う。現代農業2014年9月号、2016年1月号に登場)

【プログラム】
12:00 受付開始  ※会場にて展示企画「ワカモノたちの夢」予定 ※書籍販売あり
13:00 開会 主催者あいさつ
13:05 基調講演 

『田園回帰1%戦略 〜地元に人・仕事・暮らしを取り戻す〜』講師:島根県中山間地域研究センター研究統括 藤山 浩 氏14:00 休憩
14:15 パネルディスカッション
『ワカモノたちの田園回帰 〜実践編〜』
パネリスト 高谷 裕治 氏、清友 健二 氏、宮迫 恒也 氏
コメンテーター 藤山 浩 氏
16:00 閉会 ※閉会後に懇親会予定(希望者のみ)

お申し込みは チラシPDF から

tyuusiTUDOI201603-1

【読者のつどい】内山節さんの講演会in岡山

「中国四国支部 第5回 現代農業読者のつどい」として内山節さんの講演会を開催することとなりました。

utiyama01「過疎」「限界集落」という言葉が生まれた中国四国地方は、人口減少社会を迎える日本において「地域再生のフロンティア」と呼ばれています。自然と人間が結び合った農山漁村の暮らしの豊かさについて皆で考えましょう!中国四国地方に住む私たちが「ここでの暮らしが一番!」と実感できるような内山節さんとの「あるもの探し」の旅の始まりです。

まだ余裕がございますので、ふるってご参加ください。

■日時 平成27年2月21日(土) 13:00 〜 17:00(受付開始12:00)

場所 岡山県総合福祉会館 4階大研修室

参加費 無料(要申込)

プログラム

(1) 内山 節 氏 講演会 13:00〜15:00

(2) 来場者との質問・交流会 15:15〜16:45

【使用テキスト】昨年7月に当会から刊行が開始された「内山節著作集」の「6自然と人間の哲学」(2900円+税)を指定テキストとしますが、購入は自由です。当日も書籍販売いたします。

■講師

【内山 節 氏 プロフィール】1950年、東京生まれ。哲学者。近著に『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』(講談社現代新書)『ローカリズム言論』(農文協)『新・幸福論』(新潮社)などがある。NPO法人・森づくりフォーラム代表理事。『かがり火』編集長。「東北農家の会」「九州農家の会」などで講師を務める。2010年4月より立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授。

■会場アクセス

岡山県総合福祉会館 岡山市北区石関町2−1

総合福祉

■アクセス JR岡山駅より

徒歩15分、タクシー5分

路面電車「東山」行き「城下」下車 徒歩5分

岡電バスで「藤原団地」行き「美術館前」下車すぐ

会場には駐車場がありません。公共交通機関等又は近隣の有料駐車場をご利用ください。

========================================================

お申込は農文協中国四国支部まで

〒700−0826 岡山県岡山市北区磨屋町1−5 セシルプラザ岡山4階 (担当)馬場

電話番号:086−231−2693  FAX:086−232−0385

Eメールアドレス:baba−yu@mail.ruralnet.or.jp

申込書PDF(プリントアウトしてfaxで、もしくはメールで添付)

申込書ワード

 

中国四国ブロック 第4回『現代農業』読者のつどいin岡山

=農文協・中国四国支部主催  「現代農業読者のつどい」 のご案内 =

現代農業ご愛読の読者さまに日頃の感謝の気持ちを込めまして、「第4回 現代農業読者のつどい」を企画いたします。今回の開催地は岡山市。講師は農文協書籍を多数執筆されている小清水正美先生です。直売所でお漬け物を販売してみたい方、特産品で村おこしを考えている方、ちょっとピクルス作りを勉強してみたい方、ぜひお気軽にご参加ください!

【テーマ】ワイワイ作ろう!食品加工講座!O(お)・TU(つ)・KE(け)・MO(も)・NO(の)

【日時・場所】
平成26年2月22日(土曜日)13~17時(受付は12時開始)
会場は岡山ふれあいセンター(岡山市中区桑野715-2)

【会場情報】
■名称:岡山ふれあいセンター
■住所:岡山市中区桑野715-2
■電話番号:086-274-5151
■アクセス
岡山駅からバスを利用する場合、岡電バス1番乗り場にて「岡山ふれあいセンター行」乗車
なお、お車の場合、駐車場は十分にございます。
【プログラム】
① 実習『ピクルス作りで学ぶ、加工のキホンのキ』
お漬け物なのにピクルス? じつはピクルスは、ガリやラッキョウ酢漬けに代表されるように立派な伝統食・お漬け物なんです! 最近はお漬け物が苦手な若者が多いようですが、ピクルスの人気はじわりじわりと浸透中。ピックル液(漬け液)の配合を変えれば色々なピクルスを作れるのもおもしろい。そんなピクルス作りを通して、加工の基本技術はもちろん、液体で食材を保存(コンポートや水煮など)する技術、加工品開発のポイントも学びましょう。わからないことや気になることは、食品加工の達人・小清水先生に聞いてみましょう
② 交流会 『一品持ちより! みんなで漬け物お国めぐり』
自慢のお漬け物をぜひお持ちください。みんなでお茶を飲みながら試食して、楽しく交流しましょう。うれしいアドバイス、新しいつながりなどが楽しみですね。
【小清水正美先生のプロフィール】
元神奈川県農業総合研究所勤務(農産物利用および食品加工専門)。現在は、食べもの研究家として活躍中。「農産加工便利帳シリーズ」「つくってあそぼうシリーズ」など著書多数。神奈川県横浜市在住

【持ち物】
エプロン、三角巾、
できれば、ご自慢のお漬け物も!

【参加費】
1500円(材料費・資料代など)

【参加の申し込み方法】
下記の欄に必要事項を記入のうえFAXで送信、またはEメールでご連絡ください
お申し込みの人数は60名程度と限りがございます。お早めにお申し込みください

(下記申込書をコピー&ペースト(貼り付け)して 電子メールでお送りください。)

=======================================
参加申込書

参加者①:お名前       (  歳)   男 / 女
参加者②:お名前       (  歳)   男 /
参加者③:お名前       (  歳)   男 /

【代表者様の連絡先】

ご住所:
お電話番号:          FAX番号:
Eメールアドレス:

○加工講座のあとに懇親会を予定しています。会費は3000円程度です。

1 参加する   2 参加しない

○下記に、お漬け物のPRポイントや先生への質問などご自由にご記入ください

(お願い)参加予定を変更される場合は必ず事前にご連絡ください。

(一社) 農文協中国四国支部
〒700-0826 岡山県岡山市北区磨屋町1-5 セシルプラザ岡山4階 (担当)馬場
電話番号:086-231-2693  FAX:086-232-0385
Eメールアドレス:baba-yu@mail.ruralnet.or.jp

=======================================

11月3日、4日 バラの町福山市(広島県)で「緑化祭」に出店しました!

秋晴れの空の下、11月3日~4日、広島県福山市の「ローズアリーナ」にて行われた「第36回福山市緑化祭」に出店してきました。

会場中央の「ローズヒル」にはたくさんのバラが咲き誇っていました。

ryokuka1

子どもたちの写生大会、庭木の剪定講習会、寄せ植え講座、バラの剪定講習、苗木の無料配布など、楽しくてためになるイベント盛りだくさんでした。結婚式のカップルもご来場!華やかな雰囲気でした。

福山市にはゆるキャラが二人も!

ゆるキャラランキング現在200位らしい「ローラちゃん」(右)

地産地消推進キャラ「チッチ君」(左)

です!

福山市は「バラの町」。

でも私、実はなぜバラの町?と疑問を持っていました。以前農家回りをしたときにバラ生産農家がほとんどいなかったからです。しかし、今回その疑問が解けました!市民の間でバラ栽培がとっても盛んなのだそうです。会員200名強の「福山ばら会」の方々と、ブースが隣り合わせになって色々教えてもらいました。毎月講習会を駅家の公民館で行っているらしく、毎回4-50人は集まるそう。熱心なんですね!

bara1

これはばら会の役員さんが作ったバラの盆栽。7-8年目くらいだそうです。綺麗ですね。

matiruda

ばら会の方に「これは名前がいいんだよね。」と教えてもらったバラ。

「マチルダ」ん~なんだかつやっぽい名前ですね!

バラ栽培、とっても興味を持ちました。

さてさて「バラの町」福山で売れた本は・・・

【第一位】

「病害虫を防いで楽しいバラづくり」 長井雄治 ¥1470

「福山ばら会」指定教科書!手ごろなサイズ、ひと月ごとの作業も細かくのっていて使いやすい!ポンポン売れちゃいました。

【第二位】

「バラの絵本」 林勇編 宇野亜喜良絵 ¥1890

ばら会の役員さん、農協の指導員さんたちが「これは絵本じゃないね!」と評価してくれて買って行かれました。

【第三位】

「現代農業2012年 12月号」¥800

若い夫婦が「ばあちゃんに買ってってやろう」と買ってくれたりしました。

10月27日(土)~11月2日(金)食と農の映画祭2012inひろしまが開催されます!是非いらしてください。

 

食と農の映画祭2012inひろしまが開催されます。

 

場所:広島市内シネツイン本通り(〒730-0035 広島市中区本通2-22 アペックス2 BF シネツイン本通り ) 

期間:2012年10月27日(土)~2012年11月2日(金)

チケット料金:1プログラム 前売り1000円/当日1300円

回数券(5枚つづり)4000円(前売) フリーパス6000円(前売)

お問い合わせはシネマキャラバンVAGまで(TEL:082-285-8165)

チラシは→2012食と農の映画祭案内チラシ

詳細は→http://www.cinekyara.co.jp/schedule/

 

総勢11本の魅力的なラインナップ!

私が気になるのは「よみがえりのレシピ」

山形県の在来品種を守ろうと奮闘する農家や料理人を取り上げるそうです。

ああ山形・・・

8年前の冬、仕事で農家回りをしたときのことを思い出しました。

美しい鳥海山、そばの日本一おいしい尾花沢(私的に)、いい人がいっぱいいたな。

紅葉に染まりつつある山々を見ながら昼寝した日々。 

そこで焼き畑でしか作れないカブの話を聞きました。確か赤カブだったような。

今回は焼き畑の映像も出るとか。期待大です。

 

農文協も微力ながらお手伝い。

「食」と「農」の雑誌ブースを出します。

「ブログみたよ」と言っていただければ、

本の購入の際にサービスさせていただきます!

 

◆上映予定作品:

ドキュメンタリー映画 「森聞き」
             (日本/2010年/柴田昌平監督/125分)

劇映画 「しあわせのパン」
     (日本/2011年/三島有紀子監督/114分)出演:原田知世・大泉洋

ドキュメンタリー映画 「よみがえりのレシピ」
             (日本/2011年/渡辺智史監督/95分)

ドキュメンタリー映画 「セヴァンの地球のなおしかた」
             (仏/2010年/ジャン・ポール・ジョー監督/120分)

ドキュメンタリー映画 「レイチェル・カーソンの感性の森」
             (米/2008年/クリストファー・マンガー監督/55分)

ドキュメンタリー映画 「フランドン農学校の尾崎さん」
             (日本/2006年/高橋一郎監督/73分)

ドキュメンタリー映画 「バベルの塔」
             (日本/2011年/髙垣博也監督/70分)

ドキュメンタリー映画 「放射能を浴びたX年後」
             (日本/2012年6月完成/83分/何回放送)

劇映画 「おにぎり」
     (日本/2004年/120分/斉藤耕一監督)

ドキュメンタリー映画 「フード・インク」
             (米/2008年/94分/ロバート・ケナー監督)

現代農業8月号「遅植えかぼちゃ」ホントに粉質で味がよかったですよ!

現代農業読者のみなさま、現代農業2012年8月号p76~の東山さんの「遅植えカボチャ」の記事、ごらんになりましたか?

「遅植えかぼちゃは粉質で味がいい。低温でゆっくり熟すから」

食べてみたくなりませんでしたか?

かぼちゃ大好き普及者としては見逃せません。つくってみました!

近くのタネ屋さんで鈴木光一さん(p72~)おすすめのダークホース(渡辺採種場)を入手。8月頭にポットに播種、すぐに芽が出たのですが、5葉まで成長させられる自信がなかったので、これも鈴木さん&村上カツ子さん(p84~)お勧めの若苗を8月10日に4株定植。(↓)

wakanae1

東山さんの記事の通り、米ぬかを周りにすき込んで施肥は終了、簡単簡単。(↓)

komenuka

そして10月19日収穫!

尾っぽがとがってるので座りがわるし。

kabotya1

蒸して食べました。記事通りほくほくの粉質で味わい高かったです。感動・・・

今度は煮付けで食べよ。

dannmenn1

確か沖縄でも、3月に取れるカボチャの産地があるんです。これもすごくおいしいんだけど、やっぱり沖縄の冬、20度前後?で熟すからなのだそうです。

トマトも実は冬場の加温ハウスのトマトが、味が濃いって聞いたことがあります。

「低温完熟」ていうんでしょうか。これ、すっごく気になってきました・・・

中国四国支部 ムカイ

愛媛県農林水産研究所参観デーに出店してきました!

10月1日、2日、台風一過の秋空の下、愛媛県農林水産研究所参観デーに出店してきました!

ehime

キウイ、話題の甘平の情報などの展示も、非常に興味深かったです。

割れが課題の「甘平」。灌水チューブの設置による一日10リットル/日の灌水を、果汁増加期に毎日行うことが大切だそうです。

静岡、九州、全国からたくさんの人が来ていました。

 

さてさて、売れ行きBEST3は・・・

中晩柑をつくりこなす ¥2625 参観デー、不動の一位!中晩柑農家すべてに送る!

DVD 農家直伝!ヒモとロープの結び方 ¥1800 この本、既に安定感出てきました!DVD付きなのもいいですね! 

家庭菜園の病気と害虫 ¥2730 新版出ました! 写真も鮮明、一家に一冊です。

広島県農業技術センター参観デーに出店してきました!

9月8日、広島県農業技術センターの一般公開デーに参加して本を並べてきました!

農業技術センターの研究紹介のほか、「脱穀体験」や「トマト掬い」やクイズなどイベントももりだくさん。県内のリンゴ農家のアップルパイ屋さん、など出店もたくさんでにぎやか。農家はもちろん、子供連れの家族も多くてちょっとしたお祭りのようでした。

pic1

朝から管内に漂う甘い香り・・・香りにつられて行ってみると、庄原のやまうえ農園さんのアップルパイでした!冷蔵庫にパイ生地を入れといて、ガス釜でこんがり焼きあげています。もちろん農園のリンゴ!ぶちおいしかった!ほとんどの土日はイベントで広島県内を歩いてるとのこと。見かけたら是非食べましょう!

pic2

一番の盛り上がりは花のオークション!14:00ごろまで展示していた花を参加者がオークションで買います。これを楽しみに来ているお客さんも多い模様。技術センターの職員さんで、まるで市場さながら、威勢が良くて声が良いお兄さんがいて、何度もどっと沸かせていました。綺麗なトルコギキョウの束なんかは、2000円くらいで買われていました。

pic3

本の売れ行きの方は・・・まあまあ!

pic4

売れ行きベスト3はと言えば、

【BEST1】

「土と施肥の新知識」 ¥2100 渡邉和彦・後藤逸男・小川吉雄・六本木和夫著

固い本なので、隅の方に置いといたのですが、意外と早めに売れました!

【BEST2】

大地の薬箱 食べる薬草事典」 ¥1680(税込)村上光太郎著

去年も良く売れたこの本。庭先の雑草が薬草に早変わり。私も「イタドリジュース」は愛飲しています。

【BEST3】

「DVDブック 炭をやく 炭を使う」 ¥1800

「DVDブックモミガラを使いこなす」と迷われる方が多かったのですが、やはり炭はロマン!ですね~!

「法人化塾」の剛一先生が広島県世羅町で講演!

集落営農法人化のカリスマ!、森剛一先生が広島県で講演されました!

8月30日、世羅町のせら文化センターで行われた、「H24年第1回農業法人設立支援セミナー」での講演です。
森先生は「法人化塾3版」の著者でもあります。

morikouenn201209

一度お話を伺いたいと思っていたので楽しみに参加しました。
本の内容からは想像つかなかったのですが、とっても若くてフランクで話もとっても聞きやすい。
やはり税金の話なので固くて難しい内容なんですが、するするっと、のどごしよく入ってきて、とてもためになりました。

講演内容は・・・

○家族経営の法人化
○任意組合の法人化
○任意組合は長く続けるほど法人化しにくくなる
○地域資源管理法人による法人化
○従事分量配当
○収入差プレミアム方式
○農業経営基盤強化準備金

かなり具体的で、現場を見ている方なのだと感じました。

特に「農業経営基盤準備金」は、聞いたことがあったのですが詳しくは知らず、税負担なしの内部留保が可能になる点が魅力、ということがわかってなるほどでした。

印象的だったことば・・
「税はね、ばかになりません。事業とは、資金を投入して、利益を得て、それを次の事業に投下するという作業の繰り返しです。無駄な支出は減らさなければなりません。そのための税の知識なんです」
「法人化ってのは、いわばよろいですね。でもよろいを着たからと言って、安心してはいけません。よろいを着ただけでは戦には勝てませんからね」
「法人化ってのはね、要するに事業を継続する意思を固める、ということでもあるんですよ(家族経営の法人化の際の話)」

税の話なんですが、森先生の熱意が伝わってきて、元気が出る講演でした!

森先生のほか、広島県庁の担い手支援課佐々木さんは広島県の農業の現状と法人化支援の方向性を講演され、ファームおだ代表吉弘さん、ベジタファーム東城の代表谷口さんが合活動を紹介をされ、とても有意義な一日でした。

森先生「法人化塾 第三版」好評発売中です!
↓  ↓  ↓  ↓

9784540112843

現代農業2012年7月号314ページにも、
「プレミアム方式」の記事が載っていますよ。

中国四国ブロック 『現代農業』読者のつどいin 山口

===================
中国四国ブロック
「『現代農業』読者のつどいin山口」

*読者以外の方も参加できます(先着100名様)

===================

読者の皆様、いつも大変お世話になっております。
まだまだ暑い日が続いております。

昨年2011年に岡山市と高知市で開催いたしました「『現代農業』読者のつどい」ですが、今年は山口県下関市で開催することになりました。下関市で活動されている「菊川町レインボー稲作研究会」の皆様にご後援をいただきまして実現いたしました。

『現代農業』連載でおなじみの岡山市の赤木歳道さんをお招きして講演と交流会を行います。稲作談義に花を咲かせましょう!

お忙しい中ではありますが、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
お待ちしております!

kikugawa2←クリックすると、GOOGLE MAPが開きます。

——————————————————————————–

1.日時 平成24年9月15日(土)13:00~16:00   受付11:00~
★書籍展示は11時から

2.場所 JA下関菊川町支所 大ホール
〒780-0870 山口県下関市菊川町下岡枝213
TEL:083-287-1234

3.主催  (社)農山漁村文化協会
後援  菊川町レインボー稲作研究会

4.参加費  無料(要事前申込・下記に申込書があります)

5.プログラム
11:00 受付開始 (書籍展示即売・交流・情報交換)
13:00 講演 「未来にひろがる 菜の花緑肥稲作」(仮)赤木歳通 (岡山県 農家)
15:00 赤木歳通さんを囲んでの交流会
16:00 閉会
16:00~懇親会(希望者のみ 会費制)

6.お問い合せ・申込み ————————————————————
(社)農山漁村文化協会中国四国支部 「読者のつどい」事務局  担当 福留

Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385

E-MAIL:hukudome@mail.ruralnet.or.jp

■下記の必要事項にご記入の上、メールかFAXでお申し込みください。

●参加予定が変更になった場合は必ず事前にご連絡ください。

●車でお越しの方は会場の駐車場に限りがございます、交通機関か近くの駐車場を御利用ください。

■参加申込書 (プリントアウト用PDFは こちら
—————————————————————————–

「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどいin 山口」

2012年9月15日(土) 下関市・JA下関菊川町支所大ホール

(受付11:00から)

参加申込書

(FAX086-232-0385)

お手数ですが、下記にご記入いただき、下記までFAXかメールでお送りください。

()農山漁村文化協会中国四国支部

〒700-0826 岡山県岡山市北区磨屋町1-5セシルプラザ岡山4F (担当)福留 均

TEL. 086-231-2693 FAX. 086-232-0385

E-mail hukudome@mail.ruralnet.or.jp

●参加予定が変更になった場合は必ず事前にご連絡ください。

●車でお越しの方は会場の駐車場に限りがございます、ご了承ください。

—————————————————————————–

(お名前)                       歳   男 / 女
(ご住所)

(職場名)
(TEL)                 (FAX)
(E-mail)

【「現代農業」への要望や、講師への質問などをお書きください】










【懇親会】 (人数に限りがございます・30名程度)
1 参加する   2 参加しない
*受付等の返信は、メールかFAXで行なわせていただきます。