「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会) 先着70名募集中!

=================================================

「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)
「食育」で学校・家庭・地域を変える!(先着70名様*どなたでも参加できます)

=================================================

1.日時 平成21年11月21日(土)13:30~16:30

2.場所 第1セントラルビル1号館(高島屋南隣)3F 中ホール(JR岡山駅より徒歩5分)

3.主催 (社)農山漁村文化協会

4.参加費 無料(事前の申込みが必要です)

5.ねらい————————————————————————-
食生活の向上や地域の食文化の継承、農林漁業への理解などを掲げた食育基本法の制定から4年あまり。食育の課題に取り組むうえで、学校・家庭・地域が連携し、継続的かつ効果的にすすめる手法がみえてきました。
「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)では、各地で展開されている食育の実践を報告いただき、食育の取組みを通して学校・家庭・地域が具体的にどのように変わったのか、そしてそれを可能にした仕組みを掘り下げていきます。今回報告いただく実践からは、食育の取組みが現代社会において失われてしまった人と人の関係性を取り戻し、絆によって結ばれた新たな社会を展望するヒントになることが生き生きと伝わってきます。

6.報告内容————————————————————————

●食育で「カ・ゾ・ク」を「家族」に結び直す~「弁当の日」の実践から~
香川県・綾川町立綾上中学校校長 竹下和男

●食生活のみつめ直しから人と人の絆づくりへ~「お父さんの料理教室」20年の実践から~
島根県川本町・「お父さんの料理教室」室長 堤浩隆

●地場産給食からはじまった地域づくり~「食と農のまちづくり条例」の実践から~
愛媛県・今治市役所企画振興部企画課 安井孝

●「食育」で進める地域づくりにおける大学の役割~「ぎょしょく教育」プログラムの実践から~
愛媛大学・南予水産研究センター 若林良和

●ディスカッション(報告者・参加者)
コーディネーター 徳島県・阿波市立市場小学校 藤本勇二

7.お問い合せ・申込み ————————————————————

(社)農山漁村文化協会内「食と農の応援団」事務局
Tel:03-3585-1144  Fax:03-3585-3668 (担当:荘司博史)

(社)農山漁村文化協会中国四国支部
Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 (担当:福留均)

プログラムは食の応援団ホームページにもアップいたします。

09応援団中四セミナー申込書

千葉市で食育講演会!山形の伊澤校長が来ます。

食農教育の記事でおなじみ、山形県高畠町二井宿小学校校長の伊澤良治先生の講演会です。

演題は児童たちの「米づくり」が地域の大人たちを動かす!「地域が元気になる食と農の教育」

早寝・早起き・朝ごはん?
農を知らずして食が分るのか
そんな疑問を持った教師がいた。
テレビ漬け、ゲーム漬けの子供たちに、機械・農薬・化学肥料を使わない野菜つくり、
米つくりを提案。嫌がる教師たち。不安がる大人たち。
しかし、子供たちはやる気だ。そして変った。年寄りが手伝う。地域が関わる。
いま二井宿小学校は、卒業までに野菜10品目を育て、30種類の料理を作れるようになること、
育てた野菜を給食に使い、自校自給率5割を目指す。 30年の取り組みと成果を聴く。

伊澤良治氏 1949年生 山形県高畠町立二井宿小学校」校長 「食農教育ネットワーク山形地域研究会」運営委員長。
記事「食農教育で地域の未来を切り拓く」(農文協)ほか

■場所 千葉市民会館

■日時 平成21年10月25日(日) 10時開会~11時30分
■主催 ちば有機農業推進協議会
参加は無料ですがお申し込みが必要です。
くわしくはこちら(ワード文書です)

絵本「ほな また」こしだミカさんの展示会です!

こしだミカ展「えほんといれもん」2009年10/15(木)~10/20(火)

大阪市淀川区木川東3丁目3-12 木川小学校東側・海月文庫にて
『ほなまた』著者のこしだミカさんの個展が開かれます

9784540072529ほなまた

第 22回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称 BIB 2009)の国際審査に出品されました。
BIBは、2年に一度開催される、子どもの本のイラストレーションの分野では最も歴史があり、最も権威ある審査が行なわれる国際コンペティションです。
数少ない日本代表作品のひとつに選ばれたことになります。

『ほな また』をふくめ、こしださんの絵本も販売されます。

浦河町立図書館で森雅之原画展開催中!

ウマの絵本

北海道・浦河町立図書館で、そだててあそぼう「ウマの絵本」(近藤誠司・著)でイラストを担当された森雅之さんの原画展を開催中。
今春出版された「ウマの絵本」に使った原画を展示。「ウマの絵本」は野生動物としての進化や、人間とのかかわりなど、ウマの歴史が森さん独特の優しいタッ チで描かれている。浦河在住の森さんだがウマを描いたのは初めてとのこと。これからはマンガにも登場させたい、と話していた。

■森雅之 1957年北海道浦河町生まれ。北海道デザイナー専門学校造形美術科卒。漫画家、イラストレーター。主な作品に『ペッパーミント物 語』(第25回日本漫画家協会賞優秀賞)『夜と薔薇』『散歩しながらうたう唄』(以上ふゅーじょんぷろだくと)『ポケットストーリー』(講談社)『惑星物 語』(河出書房新社)『追伸 二人の手紙物語』(バジリコ)『散歩手帖』(大和書房)などがある。札幌市在住。

森雅之・公式ホームページ