京都で「地域農業振興に関する研究会」開催:2月15日(月)~17日(水)

農文協:近畿支部よりお知らせ!

2月に面白い研修会に農文協も参加することになりましたので、ご案内します。
メインテーマは、「新政権の農政」と「持続的農村社会の確立」です。

農文協・書籍販売コーナーもあります。ぜひご参加ください。(申込書は文末)

——————————————————————-
平成21年度 地域農業振興に関する研究会
——————————————————————-
○期間:平成22年2月15日(月)~17日(水)
○会場:京都JA会館
○日程:
≪第1日目≫2月15日(月)
◆報告Ⅰ:新政権下で「食料・農業・農村基本計画」見直しはこうなる
東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授  鈴木 宣弘 氏
◆報告Ⅱ:民主党農政の評価と課題
日本農業新聞 農政経済部 国会担当キャップ 藤井 庸義 氏
≪第2日目≫2月16日(火)
◆報告Ⅲ:農村再生・活性化の視点と取組方向
徳島大学 総合科学部        教授  中嶋  信 氏
◆シンポジウム『持続的農村社会の確立を目指して』
・実践報告①:コミュニティの再構築に向けた集落型農業法人の取り組み
京都府南丹市(旧・美山町)
(有)タナセン  社長  柿迫 義昭 氏
・実践報告②:直売所のネットワーク化と巡回集荷による高齢農家支援
島根県 雲南農業協同組合  産直事業課長  須山  一 氏
・実践報告③:上勝町が目指す農村社会の姿
徳島県 上勝町           町長  笠松 和市 氏
・座  長:
京都大学名誉教授               稲本 志良 氏
・コメンテーター:
徳島大学 総合科学部        教授  中嶋  信 氏
京都府 南丹広域振興局   農林商工部長  安本 洋一 氏
≪第3日目≫2月17日(水)
◆報告Ⅳ:農商工連携の意義と課題-地域内循環と地域活性化-
マーケティングプロデューサー        平岡  豊 氏
◆報告Ⅴ(総括報告)
滋賀県立大学名誉教授            小池 恒男 氏
——————————————————————-

詳しいプログラムと参加申し込みはこちらです。

地域農業振興に関する研究会開催要領(PDF168KB)