11月3日、4日 バラの町福山市(広島県)で「緑化祭」に出店しました!

秋晴れの空の下、11月3日~4日、広島県福山市の「ローズアリーナ」にて行われた「第36回福山市緑化祭」に出店してきました。

会場中央の「ローズヒル」にはたくさんのバラが咲き誇っていました。

ryokuka1

子どもたちの写生大会、庭木の剪定講習会、寄せ植え講座、バラの剪定講習、苗木の無料配布など、楽しくてためになるイベント盛りだくさんでした。結婚式のカップルもご来場!華やかな雰囲気でした。

福山市にはゆるキャラが二人も!

ゆるキャラランキング現在200位らしい「ローラちゃん」(右)

地産地消推進キャラ「チッチ君」(左)

です!

福山市は「バラの町」。

でも私、実はなぜバラの町?と疑問を持っていました。以前農家回りをしたときにバラ生産農家がほとんどいなかったからです。しかし、今回その疑問が解けました!市民の間でバラ栽培がとっても盛んなのだそうです。会員200名強の「福山ばら会」の方々と、ブースが隣り合わせになって色々教えてもらいました。毎月講習会を駅家の公民館で行っているらしく、毎回4-50人は集まるそう。熱心なんですね!

bara1

これはばら会の役員さんが作ったバラの盆栽。7-8年目くらいだそうです。綺麗ですね。

matiruda

ばら会の方に「これは名前がいいんだよね。」と教えてもらったバラ。

「マチルダ」ん~なんだかつやっぽい名前ですね!

バラ栽培、とっても興味を持ちました。

さてさて「バラの町」福山で売れた本は・・・

【第一位】

「病害虫を防いで楽しいバラづくり」 長井雄治 ¥1470

「福山ばら会」指定教科書!手ごろなサイズ、ひと月ごとの作業も細かくのっていて使いやすい!ポンポン売れちゃいました。

【第二位】

「バラの絵本」 林勇編 宇野亜喜良絵 ¥1890

ばら会の役員さん、農協の指導員さんたちが「これは絵本じゃないね!」と評価してくれて買って行かれました。

【第三位】

「現代農業2012年 12月号」¥800

若い夫婦が「ばあちゃんに買ってってやろう」と買ってくれたりしました。