祝! 「和食 日本人の伝統的な食文化」世界無形文化遺産登録

和食文化フェア

年の瀬に入り、「和食 日本人の伝統的な食文化」の世界無形文化遺産登録の嬉しい知らせが舞い込みました。これを記念して、「和食文化の本フェア」を開催中です。今回は、その中から何点か紹介します。

今回認定された和食とは、四季折々に「三里四方」でとれる新鮮で多彩な素材を生かして作られてきた、各地の多様な料理総体のこと。年中行事や祭り、儀礼との関わりや栄養バランスも高い評価を受けました。こうした「和食」の多様な姿を明らかにした本が『聞き書 日本の食生活全集』(全五〇巻、農文協)。農水省が作成した登録提案書でも、「過去及び現行の保護の取組」の例として「全国三五〇地域に住む五〇〇〇人の年長者からの聞き書きで編纂した、『日本の食生活全集』(最大級の食文化のデータベース)」と紹介されています。

一方、二〇〇七年に農水省が選定した「農山漁村の郷土料理百選」。この一二二品の中から、三四品の郷土料理と六品の御当地料理のレシピを紹介したのが『家庭で味わう郷土料理百選』(農村開発企画委員会)。郷土の味を食せる店の一覧付きで、郷土料理に関する情報が満載です。この他、長寿食の第一人者・永山久夫氏の『なぜ和食は世界一なのか』(朝日新聞出版)も読み応え十分。世界一豊富な食材やダシ文化、発酵食など、ウンチクを織り交ぜながら和食のすごさを語ります。

また、日本ホテル教育センターが主催する「和食検定」の対策本『和食検定(基本編)』(プラザ出版)も注目の一冊。和食の基本から食材や食事作法、食を通じた接遇まで、和食への造詣を深められます。巻末の和食基礎英会話は、海外客の「お・も・て・な・し」に必読です。       

(日本農業新聞「2013年12月15日」)

農業書センター 2013年 年末年始営業のご案内

 いつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
さて、誠に勝手ながら、年末年始の営業は、下記のとおりとさせていただきます。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。
今年一年のご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈りいたします。


年内営業 2013年12月28日(土)14:00まで

平日営業:10:00~19:00 土曜日営業:11:00~14:00  祝祭日:休み
年始営業 2014年 1月 6日(月)10:00より

以上

日本の「和食」 無形文化遺産に登録決定! フェア開催中

和食 世界遺産

本日、「和食 日本人の伝統的名食文化」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。美しい四季の移ろいのなかで、「三里四方」といわれる地元の新鮮、多彩な素材を生かし、年中行事、祭り、儀礼とも密接に関わりながら育まれた〈和食〉。この20~30年の間に、日本食は美味しいだけでなく、栄養バランスに優れた食事としても世界的に高い評価を受け、世界中の人々に親しまれるようになりました。

<和食 日本人の伝統的な食文化>がユネスコ(国連教育・科学・文化機関)の「無形文化遺産」に登録される見通しになった◆と聞いてうれしく思ったが、さて<和食>と言えば、あなたなら何を思い浮かべますか。すし、天ぷら、ウナギ、そば……、あるいは、おせち料理やお茶漬け、おにぎりまで多種多様だ◆和食の推薦書では、四季や地理的な多様性によるさまざまな食材の使用、自然の美しさを表した盛りつけ、正月や田植えなど年中行事と密接に関係する社会的慣習などがあげられている◆「農山漁村文化協会」刊行の「日本の食生活全集」全50巻を思い起こす。各巻聞き書きで「新潟の食事」「石川の食事」……、各地の郷土食を掘り起こしている◆「おばあさんが語る食」「かあかの心と技」など日本の伝統食は十分、世界に誇れる。和食の無形文化遺産登録に胸を張りたい。同時に改めて見直してもみたい◆日本は他に類を見ない和洋折衷の食文化を創り上げてきた。それも喜びながら、伝統を尊重しよう。【読売新聞「よみうり寸評」(2013年10月23日 記事転載)】

和食フェア2

今、やっておかねけらばならないことがある=「日本の食生活全集

文化遺産への登録は伝承・保護の責務を生じる。「提案書」の「過去及び現行の保護の取組」の項では、多くの地域コミュニティや集団、「食育」や都市と農村の文化交流の活動を掲げ、さらに「地域の伝統食の保存に取り組んでいるグループは、全国350地域に住む5000人の年長者からの聞き書きで編纂した、『日本の食生活全集』(最大級の食文化のデータベース)を出版している」と記しています。

「今、やっておかなければ、永久に失われてしまう」との思いを共有しながら、各県の編集委員会を中心の10年がかりで完結した『日本の食生活全集』を伝統の礎として活用していただければと、改めて強く思う。