農山漁村文化協会近畿支部(大阪市)

「食」というテーブルの上で、農家と消費者をつなぐ

kinki

近畿支部(大阪府大阪市)

西田文彦

近畿支部は大阪支所開設から18年目、支部になり3年目を迎える新しい支部です。近畿支部での最近の取組みとして、昨年の農薬混入、老舗料理店の偽装など食の不安に関する事柄の中の一つである、汚染米事件について、その根底にあるMA米の勉強会を行いました。そこから「増刊現代農業」『金融危機を希望に転じる』(1月刊)の記事が生まれた事は一つの成果となりました。

近畿農業を一言でいえば、特産作物のブランド産地が多く、また、都市農業が力強く行われているということです。食に関しては江戸時代「天下の台所」と言われた様に、全国から食の情報が集積され、発信されてきた地域でもあり、現在もその気質は引継がれています。

この様な地域、歴史の中で、近畿支部としては「食」と言うテーブルの上で、多様な生産者と都市部に住む多くの消費者、そして未来を育む教育を繋ぐ情報の発信を目指し活動していく所存です。今後とも情報提供、ご意見等、ご支援、賜ります様よろしくお願い申し上げます。

■〒536-0014 大阪市城東区鴫野西2-5-22農民会館2F