「法人化塾」の剛一先生が広島県世羅町で講演!

集落営農法人化のカリスマ!、森剛一先生が広島県で講演されました!

8月30日、世羅町のせら文化センターで行われた、「H24年第1回農業法人設立支援セミナー」での講演です。
森先生は「法人化塾3版」の著者でもあります。

morikouenn201209

一度お話を伺いたいと思っていたので楽しみに参加しました。
本の内容からは想像つかなかったのですが、とっても若くてフランクで話もとっても聞きやすい。
やはり税金の話なので固くて難しい内容なんですが、するするっと、のどごしよく入ってきて、とてもためになりました。

講演内容は・・・

○家族経営の法人化
○任意組合の法人化
○任意組合は長く続けるほど法人化しにくくなる
○地域資源管理法人による法人化
○従事分量配当
○収入差プレミアム方式
○農業経営基盤強化準備金

かなり具体的で、現場を見ている方なのだと感じました。

特に「農業経営基盤準備金」は、聞いたことがあったのですが詳しくは知らず、税負担なしの内部留保が可能になる点が魅力、ということがわかってなるほどでした。

印象的だったことば・・
「税はね、ばかになりません。事業とは、資金を投入して、利益を得て、それを次の事業に投下するという作業の繰り返しです。無駄な支出は減らさなければなりません。そのための税の知識なんです」
「法人化ってのは、いわばよろいですね。でもよろいを着たからと言って、安心してはいけません。よろいを着ただけでは戦には勝てませんからね」
「法人化ってのはね、要するに事業を継続する意思を固める、ということでもあるんですよ(家族経営の法人化の際の話)」

税の話なんですが、森先生の熱意が伝わってきて、元気が出る講演でした!

森先生のほか、広島県庁の担い手支援課佐々木さんは広島県の農業の現状と法人化支援の方向性を講演され、ファームおだ代表吉弘さん、ベジタファーム東城の代表谷口さんが合活動を紹介をされ、とても有意義な一日でした。

森先生「法人化塾 第三版」好評発売中です!
↓  ↓  ↓  ↓

9784540112843

現代農業2012年7月号314ページにも、
「プレミアム方式」の記事が載っていますよ。