「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会) 先着70名募集中!

=================================================

「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)
「食育」で学校・家庭・地域を変える!(先着70名様*どなたでも参加できます)

=================================================

1.日時 平成21年11月21日(土)13:30~16:30

2.場所 第1セントラルビル1号館(高島屋南隣)3F 中ホール(JR岡山駅より徒歩5分)

3.主催 (社)農山漁村文化協会

4.参加費 無料(事前の申込みが必要です)

5.ねらい————————————————————————-
食生活の向上や地域の食文化の継承、農林漁業への理解などを掲げた食育基本法の制定から4年あまり。食育の課題に取り組むうえで、学校・家庭・地域が連携し、継続的かつ効果的にすすめる手法がみえてきました。
「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)では、各地で展開されている食育の実践を報告いただき、食育の取組みを通して学校・家庭・地域が具体的にどのように変わったのか、そしてそれを可能にした仕組みを掘り下げていきます。今回報告いただく実践からは、食育の取組みが現代社会において失われてしまった人と人の関係性を取り戻し、絆によって結ばれた新たな社会を展望するヒントになることが生き生きと伝わってきます。

6.報告内容————————————————————————

●食育で「カ・ゾ・ク」を「家族」に結び直す~「弁当の日」の実践から~
香川県・綾川町立綾上中学校校長 竹下和男

●食生活のみつめ直しから人と人の絆づくりへ~「お父さんの料理教室」20年の実践から~
島根県川本町・「お父さんの料理教室」室長 堤浩隆

●地場産給食からはじまった地域づくり~「食と農のまちづくり条例」の実践から~
愛媛県・今治市役所企画振興部企画課 安井孝

●「食育」で進める地域づくりにおける大学の役割~「ぎょしょく教育」プログラムの実践から~
愛媛大学・南予水産研究センター 若林良和

●ディスカッション(報告者・参加者)
コーディネーター 徳島県・阿波市立市場小学校 藤本勇二

7.お問い合せ・申込み ————————————————————

(社)農山漁村文化協会内「食と農の応援団」事務局
Tel:03-3585-1144  Fax:03-3585-3668 (担当:荘司博史)

(社)農山漁村文化協会中国四国支部
Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 (担当:福留均)

プログラムは食の応援団ホームページにもアップいたします。

09応援団中四セミナー申込書