東北農村文化協会・フォーラム 開催のご案内

講演:「みんなで給食の野菜、自給5割をめざして」

―高畠町二井宿小学校の食農実践―

伊澤良治 氏(山形県高畠町二井宿小学校 校長)

日時:2009年11月21日(土)14時開始 17時半終了

会場:宮城県婦人会館 講堂 自由参加(無料)

住所:仙台市青葉区錦町一丁目1-20TEL022-222-7721

※ 懇親会 18時~20時 (会場 同婦人会館桐の間 懇親会の参加料必要 )

開催事務局:東北農村文化協会(略称東北農文協)

住所:仙台市青葉区上杉1丁目16−3JAビル別館内

(社)農山漁村文化協会東北支部内 電話022-262-5804 FAX022-221-2235 (事務担当奥山)

~~~ 講師のご紹介 ~~(雑誌「食農教育」執筆記事から)~~

●「つくられた生活」からぬけ出したい・・・・食農教育で目指したいこと!

児童数70名の二井宿小学校では、子どもたちが卒業するまでに、12品目の農作物を栽培できるようになることを目標としている。同時に、学校給食に使用する野菜の「5割自給」をめざしている(もち米も含む)。給食に使用する野菜の5割を子どもたちが学校農園で栽培し、まかなおうという試みだ。 なぜ、このようなことをめざしているのか。前任校の高畠町立和田小学校で、校区の小中学生の子どもたちの放課後と土日の生活を調査したことがある。すると小学生から中学三年生まで、ゲームとテレビ、漫画にかなりの時間を費やしているという結果がでた。この傾向は都会の子どもとそう変わらないのだろう。 一方、農業県といわれる山形県の域内食料自給率(米を除く)は、わずか2割。見回してみれば、家には畑があるにもかかわらず、食事のおかずをできあいの惣菜で間に合わせている家庭も多い。ゲームやテレビ、漫画に時間を費やす子どもたちと家庭の食事のあり方は、たぶんどこかでつながっている。それぞれが自分の意思でやっていることではあろうが、大きな流れのなかで、「やらされている、生活がつくられている」ことを感じる。「つくられた生活」をぬけ出して子どもたち一人ひとりが自立するために、給食野菜の自給体験を通して、「生きる技術と知恵」を身につけてもらいたい。「5割自給」をめざす意図はそこにある・・・・・・・・

そして今、子ども達の頑張りは地域にも波及して、地域の農家による食材納入や父兄による家庭内自給率向上の取り組みなどにも・・・。  ~~~~~思う存分に語っていただきます~~~~~~~~

※企画趣旨: これまで、牛乳と酪農のことを考えました。その後、肉牛・畜産について、そして、稲作技術や田んぼ米つくりの農家の思いについても考えました。農地法改正についての学習をしました。2月のシンポジウムは「これからの時代を考えながら、作り手と食べ手が考え、交流し、希望を見つけませんかー」と呼びかけて行われました。 今回はその流れも含め、広く「教育」「食育」の側面を語り、考える企画です。どうぞ、お誘いあわせてご参加ください。

「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会) 先着70名募集中!

=================================================

「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)
「食育」で学校・家庭・地域を変える!(先着70名様*どなたでも参加できます)

=================================================

1.日時 平成21年11月21日(土)13:30~16:30

2.場所 第1セントラルビル1号館(高島屋南隣)3F 中ホール(JR岡山駅より徒歩5分)

3.主催 (社)農山漁村文化協会

4.参加費 無料(事前の申込みが必要です)

5.ねらい————————————————————————-
食生活の向上や地域の食文化の継承、農林漁業への理解などを掲げた食育基本法の制定から4年あまり。食育の課題に取り組むうえで、学校・家庭・地域が連携し、継続的かつ効果的にすすめる手法がみえてきました。
「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)では、各地で展開されている食育の実践を報告いただき、食育の取組みを通して学校・家庭・地域が具体的にどのように変わったのか、そしてそれを可能にした仕組みを掘り下げていきます。今回報告いただく実践からは、食育の取組みが現代社会において失われてしまった人と人の関係性を取り戻し、絆によって結ばれた新たな社会を展望するヒントになることが生き生きと伝わってきます。

6.報告内容————————————————————————

●食育で「カ・ゾ・ク」を「家族」に結び直す~「弁当の日」の実践から~
香川県・綾川町立綾上中学校校長 竹下和男

●食生活のみつめ直しから人と人の絆づくりへ~「お父さんの料理教室」20年の実践から~
島根県川本町・「お父さんの料理教室」室長 堤浩隆

●地場産給食からはじまった地域づくり~「食と農のまちづくり条例」の実践から~
愛媛県・今治市役所企画振興部企画課 安井孝

●「食育」で進める地域づくりにおける大学の役割~「ぎょしょく教育」プログラムの実践から~
愛媛大学・南予水産研究センター 若林良和

●ディスカッション(報告者・参加者)
コーディネーター 徳島県・阿波市立市場小学校 藤本勇二

7.お問い合せ・申込み ————————————————————

(社)農山漁村文化協会内「食と農の応援団」事務局
Tel:03-3585-1144  Fax:03-3585-3668 (担当:荘司博史)

(社)農山漁村文化協会中国四国支部
Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 (担当:福留均)

プログラムは食の応援団ホームページにもアップいたします。

09応援団中四セミナー申込書

千葉市で食育講演会!山形の伊澤校長が来ます。

食農教育の記事でおなじみ、山形県高畠町二井宿小学校校長の伊澤良治先生の講演会です。

演題は児童たちの「米づくり」が地域の大人たちを動かす!「地域が元気になる食と農の教育」

早寝・早起き・朝ごはん?
農を知らずして食が分るのか
そんな疑問を持った教師がいた。
テレビ漬け、ゲーム漬けの子供たちに、機械・農薬・化学肥料を使わない野菜つくり、
米つくりを提案。嫌がる教師たち。不安がる大人たち。
しかし、子供たちはやる気だ。そして変った。年寄りが手伝う。地域が関わる。
いま二井宿小学校は、卒業までに野菜10品目を育て、30種類の料理を作れるようになること、
育てた野菜を給食に使い、自校自給率5割を目指す。 30年の取り組みと成果を聴く。

伊澤良治氏 1949年生 山形県高畠町立二井宿小学校」校長 「食農教育ネットワーク山形地域研究会」運営委員長。
記事「食農教育で地域の未来を切り拓く」(農文協)ほか

■場所 千葉市民会館

■日時 平成21年10月25日(日) 10時開会~11時30分
■主催 ちば有機農業推進協議会
参加は無料ですがお申し込みが必要です。
くわしくはこちら(ワード文書です)

絵本「ほな また」こしだミカさんの展示会です!

こしだミカ展「えほんといれもん」2009年10/15(木)~10/20(火)

大阪市淀川区木川東3丁目3-12 木川小学校東側・海月文庫にて
『ほなまた』著者のこしだミカさんの個展が開かれます

9784540072529ほなまた

第 22回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称 BIB 2009)の国際審査に出品されました。
BIBは、2年に一度開催される、子どもの本のイラストレーションの分野では最も歴史があり、最も権威ある審査が行なわれる国際コンペティションです。
数少ない日本代表作品のひとつに選ばれたことになります。

『ほな また』をふくめ、こしださんの絵本も販売されます。

浦河町立図書館で森雅之原画展開催中!

ウマの絵本

北海道・浦河町立図書館で、そだててあそぼう「ウマの絵本」(近藤誠司・著)でイラストを担当された森雅之さんの原画展を開催中。
今春出版された「ウマの絵本」に使った原画を展示。「ウマの絵本」は野生動物としての進化や、人間とのかかわりなど、ウマの歴史が森さん独特の優しいタッ チで描かれている。浦河在住の森さんだがウマを描いたのは初めてとのこと。これからはマンガにも登場させたい、と話していた。

■森雅之 1957年北海道浦河町生まれ。北海道デザイナー専門学校造形美術科卒。漫画家、イラストレーター。主な作品に『ペッパーミント物 語』(第25回日本漫画家協会賞優秀賞)『夜と薔薇』『散歩しながらうたう唄』(以上ふゅーじょんぷろだくと)『ポケットストーリー』(講談社)『惑星物 語』(河出書房新社)『追伸 二人の手紙物語』(バジリコ)『散歩手帖』(大和書房)などがある。札幌市在住。

森雅之・公式ホームページ

こちらにも農文協の本があります!!

本屋さんではないけれど、農文協の本のフェア 開催中!

natyu01

高知市にある「ナチュラルハウス高知店」さまでは、なんと農文協フェアを開催中!

ナチュラルハウスさん、といえばオーガニックな自然食品を取り揃えているお店ですが、今回は単行本だけではなく、高知店に関わり深い桐島正一さん(現代農業「自然の声を聞いてシンプル農業」連載中)の掲載されている雑誌バックナンバーや梅原真さんのお家が紹介されている雑誌「住む」などもあわせて置いていただいています。

ナチュラルハウス高知店さんは、高知県の森林率84%にちなんで新しいグリーン産業、グリーン観光を起こそう!という「84プロジェクト」に賛同されています。そこで農文協の本も「森の本」や、山→畑→川→海 とつながっていく本を選書していただいています。

おいしい食材、をおもとめの際にぜひ手にとってご覧になってください。

★ 農文協フェア 9月~11月まで開催中! ★

フォーラム「食の安全・安心とグリーンツーリズム」開催案内

(終了)◆お知らせ 農文協・農文協北海道支部が後援するフォーラムが開かれます。

主催事務局・連絡先は以下になります。

北海道江別市文京台緑町582番地
酪農学園大学
地域拠点型農学エクステンションセンター 事務局
TEL:011-388-4901

ぜひご参加ください。

フォーラム「食の安全・安心とグリーンツーリズム」開催案内

今日ほど食に対する不安が顕在化したことは、かつて経験したことはなかったのではないでしょうか。食糧の海外依存は、食材の質や生産・加工過程への不安に加えて独立国とはいえないようなきわめて低い食料自給率をもたらしていることは周知のとおりです。これらは、日本における農業生産の在り方や流通政策など安全・安心な食糧確保の根幹にかかわる国民的重要課題でもあります。このような問題への認識を深め、解決のためには国のしっかりとした政策はもちろんことですが、消費者と生産者あるいは農業関係者間の相互理解と交流が不可欠です。

以上のような問題意識から農業生産と消費問題を先駆的に考え、実践している農家の方々をパネラーにしたフォーラムを以下の内容で開催しますのでご案内いたします。

1.開催日時  平成21年9月25日(金)午後1時より午後4時30分まで

2.主催   地域拠点型農学エクステンションセンター

(財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流機構)

3.開催場所 酪農学園大学 学生ホール

4.後援 北海道農政部、JA北海道中央会、北海道地域農業研究所、北海道新聞、日本農業新聞、コープさっぽろ、酪農教育ファーム北海道推進委員会、北海道ツーリズム協会、農山漁村文化協会、酪農学園ミルク産業活性化推進会議

5.フォーラム

(主催者あいさつ)

酪農学園大学学長                 谷山 弘行

(パネラー発表)

1)北海道のグリーンツーリズムの実態と展望

拓殖大学北海道短期大学 橋本 信

2)農産物産直運動に参加して(名川チェリーセンターの取り組み)

青森県 南部町     田中久子(果樹農家)

3)湯浅ファームのグリーンツーリズムの取り組み

北海道新得町     湯浅優子(酪農家)

4)牧場公開と乳製品加工・教育ファームへの取り組みー牧場は教室―

北海道帯広市     広瀬文彦(酪農家)

5)安全・安心な肉牛生産への取り組みと消費者交流

北海道芽室町     柏葉晴良(ホル種肉牛農家)

(パネルデスカッション)

コーデイネイター 地域拠点型農学エクステンションセンター(酪農学園大学) 須藤純一

書店様フェア情報(都内)

各地の書店様にご協力いただき、農文協の書籍や雑誌のバックナンバーなどを目立つ展示台にて販売していただく「ブックフェアー」を順次開催しております。

夏のフェア開催店をご案内いたします。

普段見れない品揃えをどうぞ足をお運びになってご覧くださいませ!

東京都 新宿区 紀伊國屋書店 新宿本店 4階 ●「うかたま」「住む」バックナンバーフェアー

8月4日から9月14日まで

東京都 千代田区 三省堂書店有楽町店2階。●「うかたま」バックナンバーフェアー

8月末まで。
新宿区 ジュンク堂新宿店6階 ●「まるごと楽しむ蕎麦フェアー」(栽培から料理まで)

8月10日から9月末

詳細は各店にお問い合わせください。

(終了)北海道放牧酪農ネットワーク交流会in足寄が開催されます

09posuta

8月27日、28日の2日間、足寄で北海道放牧酪農ネットワーク交流会が開催されます。

農文協「マイペース酪農」著者 三友盛行氏の講演、「奇跡のリンゴ」木村秋則氏の講演、パネルディスカッションなど、盛りだくさん。

申込書2009でお申し込みください。

◎宿泊先リストはこちら宿泊施設です。

2009,北海道放牧酪農ネットワーク交流会in足寄開催要領

1.趣 旨
農業の国際化、市場原理が進む中で、山間地域における自立した農業経営の一環として「放牧酪農」技術を研究開発し、地球環境にやさしい酪農畜産を推進するとともに、その技術を全道、全国に広く普及し人材の育成を図る目的として、全道で放牧酪農を実践している農業者等による交流会を開催し、交流と情報交換などを促進するため、農業者等が中心となった北海道放牧酪農のネットワーク組織化を図る。
2.日 時
平成21年 8月27日(木) 午前10時30分から
平成21年 8月28日(金) 午後 1時30分まで
3.場 所
シンポジュウム会場  足寄町民センター 多目的ホール
足寄町南1条5丁目3番地
フイールド研修    本間 隆 農場(足寄町喜登牛)
4.主  催 足寄町・北海道放牧酪農ネットワーク交流会in足寄
5.共  催 酪農学園大学・北海道放牧酪農ネットワーク
足寄町ふるさとづくり地域協議会
6.日  程
8月27日(木)
9:30 ~ 10:30   受 付
10:30  ~  10:45  開 会・挨 拶
10:45  ~ 12:00  記念講演
講演1 テーマ 「草資源活用の酪農について」
講 師  三友 盛行 氏(中標津町 酪農家)

《昼食》
12:45  ~ 14:00
講演2 テーマ  「リンゴは愛で育てる」
講 師  木村 秋則 氏(青森県 自然栽培リンゴ農家)

14:05  ~ 15:30  パネルディスカッション
テーマ    「農の原点から放牧酪農を見る」
パネラー    三友 盛行 氏(中標津町 酪農家)
木村 秋則 氏(青森県 自然栽培リンゴ農家)
佐藤 智好 氏(足寄町放牧酪農家協議会 会長)
コーディネター  荒木 和秋 氏(酪農学園大学 農業経済学科教授)
《休憩》
15:30 ~ 16:30    質疑応答
18:00 ~ 20:00    歓迎交流会
8月28日(金)
9:30  ~  11:30   放牧フィ-ルド見学
本間 隆 牧場(足寄町喜登牛)
12:00 ~ 13:00    昼食予定
13:00 ~ 13:30    足寄町民センター到着予定

7.参集範囲
生産者、市町村、道、農業関係団体、大学・試験研究機関 など

8.問合せ先   足寄町役場経済課農業振興室農業振興担当
住 所 〒089-3797 北海道足寄郡足寄町北1条4丁目48番地1
電 話  0156―25-2141・内線261~265
FAX  0156-25-5706
e-mail  houboku@town.ashoro.hokkaido.jp
9.参加費 参加費(全日程の場合)5,500円
内 訳  集  会  1,000円
交流会費  4,000円
資料代    500円
※1・2日目の昼食を除く
※翌日の経費を含む。
10.その他
フィ-ルド研修会は、大型バスで移動しますので自家用車の使用を極力お控え下さい。

(終了いたしました)

第132回秋田県種苗交換会に出展します。

明治11年(1878年)9月、第1回の勧業会議が開催されてから今回132回目を迎える、秋田県種苗交換会。今年の開催地は秋田市です。

■開催日 平成21年10月30日(金)~平成21年11月5日(木)7日間

■場所 旧秋田空港跡地 

日赤・婦人会館跡地

詳しくは 交換会ホームページへ。

リンゴ即売

今年も農文協は書籍の展示販売会を行います。

今年も新刊農業書・DVD・農家日記など、ご覧にいらしてください。

即売テントの場所等は詳細が決まり次第にお知らせします。

農文協・東北支部