「直売名人になる!」講習を行いました。:中国四国支部より

真庭市商工観光課「真庭市雇用促進協議会」主催
「直売名人になる!」講習を行いました。

講師に広島県神石高原町の伊勢村文英さんを迎え、農文協職員向井がコーディネーターとして参加しました。
来場された方は幅広く、若手専業農家、定年して直売所に出荷されている方、自家菜園を始められた方々27名が集まりました。

伊勢村さんは「農業は命のいかしあい」をモットーに、広島県神石高原町で有機無農薬栽培に取り組んでおられます。生産者と消費者の提携グループである「かたつむりの会」をはじめ、スーパーや百貨店、福山市内での週1回の直売所など多岐にわたる出荷形態で出荷されていますが、そのいずれも「直売」です。「野菜の切れ目が縁の切れ目」になってしまう集荷形態の中で培われた周年出荷のための基本技術「混植」のほか、様々な基本技術、「土づくり」「草」「虫」「病害虫」について話していただきました。

tyuusi01

お話を伺って
伊勢村さんの「虫」への「知恵」に、非常に驚かされました。

「寄生蜂を活かし、増えすぎたら取る」

tyuusi02朝、伊勢村さんのキャベツ畑に伺った時のこと、

モンシロチョウが飛んでいたので「アオムシはどうしてるんですか」と聞くと、少しかがんですぐに「これを見て御覧」と、二匹のアオムシをキャベツの葉の上に載せて見せてくれました。アオムシと、少し黄色がかったアオムシ。「この黄色いアオムシには、寄生蜂の幼虫が入ってるんだよ。こちらは成虫にはなれない。農薬を使ってアオムシなくすと、こういう虫もいなくなっちゃうんだよな」と。
その知識と、探し出すスピードに、非常に驚きました。また「ちょうちょが多すぎる時にはね、夜取ればいいんだよ。ははは。近くの少し背の高い葉の裏で寝てるんだよね。多いと思ったら二日続けて取ればいい。この春は60匹取ったよ。ソラマメにたくさんついてたね」とのこと。薬で対応する時は薬の知識。有機農業は虫に対する「知恵」のようなものが大切なのだと感じました。

参加者からは「草」に対する考え方、「土づくり」の話などが参考になった、という意見が多かったです。

最後に直売所名人を志す人たちへのポイントとして、
・特産品を皆で考えてほしい:よーいドンではない、一人一人が考えてとにかく作ってみる
・シンボルマーク、ラベルを作り、自分の名前を売る:少し直売所を見たが、名前のラベルが一つもなかった。例えばナスなら山のナスの中から、自分のものを選んでもらう工夫が大切。

というアドバイスをされていました

何度も言われていたのは「風車は、風を受けて回りますよね。みなさんは、風を待ってはいけない。自分自身が風車になって、走ってほしい。」ということでした。「一歩」と言いますが、自身で一歩を踏み出すということが、名人への一歩なのだと感じました。

講演会の後には懇親会が行われ、活発な意見が交わされていました。

農文協では、講習会への講師紹介、職員派遣を行っています。
ご関心がある方は、まずはお問い合わせください。

農文協・中国四国支部(岡山) TEL:086-231-2693 FAX086-232-0385
E-mail:hukudome@mail.ruralnet.or.jp

■「混植」「直売」に関する農文協の書籍案内

9784540092831農家が教える混植・輪作の知恵(税込1200円)

初めての畑ではとてもよく育ってくれた作物が,続けて栽培するとうまく育たない。なぜ? そんなとき頼りになるのが,土をよくして病害虫を防ぐ,混植・輪 作の農家の知恵。農薬がなかった時代,農家はどうやって病害虫を防いだのか? 最新の科学的な知見も含めて,作物同士の組合せと(混植・混作・輪作)害虫 との相性など,農家の智恵とそのやり方を追究します。






9784540121357農家が教える品種選び読本(税込1200円)

「品種(たね)」にはいろんな楽しみが秘められています。この本では,農家が自らを表現するための大切な柱である「品種(たね)」を,品種に夢を託す農家 の思いと技,そして自分の目的にあわせた,例えば直売所向きの品種ならどこに着目すればいいかといった着眼点,さらには自分オリジナル品種を作り出す技ま でを集大成しました。種苗会社のエリート品種もいいが,自分の畑にあわせて選抜して作る品種もいい。品種を選ぶ楽しみ,品種を作る技と楽しさ,育種の基本 を,一冊丸ごと紹介します。





■「現代農業」過去の伊勢村文英さんの記事(ルーラル電子図書館でご覧になれます。見出しまでは無料です)

一枚に色々植わっていた畑をヒントに(2011年8月号)
ザ・混植 草を生やすくらいなら野菜を生やす(2009年8月号)
ハブソウはわが家の畑改善作目(2009年10月号)
単品は危険が大きいから、混播(2004年5月号)

『現代農業』読者のつどい~よろず相談室~が開催されました

台風12号の影響で開催延期いたしました「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい~よろず相談室~」が9月17日(土)、高知市の「ぢばさんセンター」にて無事開催されました。
大雨の中、お越しいただきました読者の皆さま、本当にありがとうございました。

延期によってご参加かなわなかった皆さまには謹んでお詫び申し上げます。

R0012010
会場風景

 

曽我部義明さん
曽我部義明さん

 

桐島正一さん
桐島正一さん

 

職員あいさつ
職員あいさつ

9/3高知での中国四国ブロック「現代農業」読者のつどい延期のお知らせ

明日、9月3日(土)開催に向けて準備をすすめてまいりました
「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい~よろず相談室~」につきまして,
開催を9月17日に延期することに決定いたしました。

台風12号は進路・速度に変化がなく、開催日である9月3日に四国に最接近、
四国・中国地方を縦断の可能性もあり、
交通機関・幹線道路への影響が懸念される中での開催は困難と判断するにいたりました。

誠に残念ではございますが、参加希望いただきました皆様には、なにとぞ
ご了承いただきたく存じます。

なお、会場が変わりますのでお気をつけください。

高知ぢばさんセンター 2F研修室1
〒781-5101
高知県高知市布師田3992-2
TEL:088-846-0311
FAX:088-803-8510

http://www.diba3.i-tosa.com/

地図

ご参加をお待ちしています!

この件に関してのお問い合わせと連絡先 農文協・中国四国支部 「読者のつどい」事務局  担当福留

Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 :hukudome@mail.ruralnet.or.jp

もしくは農文協・本部普及局 TEL03-3585-1142 まで

中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい 延期のお知らせになりました。

明日、9月3日(土)開催に向けて準備をすすめてまいりました
「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい~よろず相談室~」につきまして,
開催を9月17日に延期することに決定いたしました。

詳しくは こちらへ

台風12号は進路・速度に変化がなく、開催日である9月3日に四国に最接近、
四国・中国地方を縦断の可能性もあり、
交通機関・幹線道路への影響が懸念される中での開催は困難と判断するにいたりました。

誠に残念ではございますが、参加希望いただきました皆様には、なにとぞ
ご了承いただきたく存じます。

なお、会場が変わりますのでお気をつけください。

高知ぢばさんセンター 多目的ホール
〒781-5101
高知県高知市布師田3992-2
TEL:088-846-0311
FAX:088-803-8510

http://www.diba3.i-tosa.com/

地図は

ご参加をお待ちしています!

この件に関してのお問い合わせと連絡先 農文協・中国四国支部 「読者のつどい」事務局  担当福留

連絡先 農文協・中国四国支部 「読者のつどい」事務局  担当福留

Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 :hukudome@mail.ruralnet.or.jp

もしくは農文協・本部普及局 03-3585-1142 まで

以下は前回ご案内した文章です。

====================================

読者の皆様、いつも大変お世話になっております。

皆様のおかげで弊会は昨年、創立70周年を迎えることができました。

感謝の意味を込めまして、今年2月に「『現代農業』読者のつどい」を岡山市で開催いたしました。

その後の3月11日、東日本大震災はさまざまな意味で、私たちに「ライフスタイルの転換」という意識を呼びおこしたように思います。記憶に刻み込まれている本来の日本人の姿・・農業や地域での生活の営み、食べもの、教育など・・私たちは今一度思い起こす必要があるのではないかとも感じています。

そこで、これからの農業や地域の課題について老若男女、さまざまな立場の皆様と語り合う「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい~よろず相談室」を企画いたしました。今回は四国・高知市での開催です。「現代農業」でおなじみの講師をお招きします。読者の皆様と「現代農業」の、また読者の皆様同士の新たなつながりを結び合い、自由な情報交換・交流の場としたいと考えています。

お忙しい中ではありますが、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。お待ちしております!

=======================================

1.日時 平成23年9月3日(土)13:00~17:00   受付11:00~ ★書籍展示は11時から

2.場所 高知共済会館コミュニティースクエア          

〒780-0870 高知県高知市本町5丁目3-20

TEL:088-823-3211

kouti

3.主催 (社)農山漁村文化協会

4.参加費 無料(事前申込制・裏面に申込書あります)

5.プログラム(報告の時間は目安です)

11:00 受付開始 (書籍展示即売・交流・情報交換)

13:00 基調講演①

「四国から全国へ えひめAI&マイエンザの農業での有効利用」

マイエンザ協会会長・元愛媛県工業技術センター所長 曽我部義明

14:00 基調講演②「桐島流 野菜づくりコツのコツ(仮)」  桐島正一 四万十町・農家

15:30 分科会 (1)えひめAI&マイエンザ実践講座 (講師 小松義人・室戸市農家&曽我部義明)

分科会 (2)実践講座 おいしい野菜のカンドコロ (講師 桐島正一)

分科会 (3)ルーラル電子図書館実践講座 (講師 農文協)

17:00 閉会

18:00~懇親会(希望者のみ 会費制 会場を変えて行います。人数に限りがあります)

6.お問い合せ・申込み ————————————————————

(社)農山漁村文化協会中国四国支部 「読者のつどい」事務局  担当福留

Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 :hukudome@mail.ruralnet.or.jp

■お申込書は 高知読者のつどいチラシ0720

岡山で「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい」

農文協 創立70周年記念

中国四国ブロック 「現代農業」読者のつどい(*読者以外の方も参加できます)

いつもお世話になっております。

皆様のおかげで弊会は創立70周年を迎えることができました。

我が国は戦後の復興期から現代までさまざまな農業・農村をめぐる問題に直面してまいりました。

この間、我々は直接農家におじゃまし、お話しを聞きながら、ともに悩み、考え、さまざまな提案をしてまいりました。直近ではTPPへの参加問題など国家の存立を脅かすような難題も立ちはだかってきております。

私たちは、今後も「現代農業」を仲立ちとして、弊会と農家の皆様、農家同士、農家と消費者というような双方向の関係を深めたいと考えております。

このたび70周年を記念し、中国四国にお住まいの「現代農業」読者の皆様への感謝の思いをこめ、これからの農業や地域の課題について老若男女、さまざまな立場の皆様と語り合う「中国四国ブロック『現代農業』読者のつどい」を企画いたしました。お忙しい中ではありますが、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

1.日時 平成23年2月19日(土)13:00~17:00   受付11:00~ ★書籍・物産展示も11時~

2.場所 岡山県総合福祉会館1F(JR岡山駅より路面電車「城下駅」下車 徒歩5分)

fukusikaikan

岡山市北区石関町2-1

TEL 086-226-3501

3.主催 (社)農山漁村文化協会

4.参加費 無料(事前申込制)

5.プログラム(報告の時間は目安です)

10:00 展示品受付開始 ★

11:00 受付開始

13:00 報告1

「農家に学んで70年~時代の課題と農家の技術~」

(社)農文協・編集局長 豊島至

14:00 報告2

「子どもからお年寄りまで地域で取り組む、住民主役の獣害対策」 近畿中国四国農業研究センター 井上雅央

15:30 報告3

「井原への字稲作から菜の花緑肥稲作へ」          岡山県 農家 赤木歳通

16:00 ディスカッション(参加者)

18:00~懇親会(希望者のみ 会費制 会場を変えて行います。人数に限りがあります)

★11:00から会場内に「自慢の一品」を披露して交流できる場所を設けます。

米・野菜・農産加工品・資料などなど持参してご披露ください。自由にご参加ください。試食も可

6.お問い合せ・申込み ————————————————————

(社)農山漁村文化協会中国四国支部 「読者のつどい」事務局  担当福留

Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 :hukudome@mail.ruralnet.or.jp

お申し込みは こちらのお申し込み用紙から

農山漁村文化協会中国四国支部(岡山市)

高齢化の先進地域こそ、問題解決のトップランナーtyuusi

2009年4月

中国四国支部(岡山県岡山市)

福留均

中国四国支部は1976年、岡山市に設置されました。現在、最年長78歳から下は23歳の12名の元気あふれる職員が活動しています。一昨年当会より出版されました「ムラは問う」にも表現されておりますが、中国四国管内の特徴として、中間地域・山間地域・島嶼地域が多く農業経営規模が比較的小さく、農業従事者の高齢化も全国で一番進んでいるということがあります。しかし決して後ろ向きに考えているばかりではありません。世界的にも高齢化が問題となっていますが、この課題解決のトップランナーとしての皆様の取組みをつかまえて、住んでいる地域で生き生きと楽しく永続的に農業が営める道筋を一緒になって考え支援して行きたいと思っております。

また今年の6月には第4回食育推進全国大会が島根県で開催されます。これを機会に管内の食育ネットワークづくりにも力を入れて行きたい。小・中・高等学校にも積極的に訪問し、食べものや農業・農村のことについてお話させていただきたいと思います。

■〒700-0826 岡山市北区磨屋町1-5セシルプラザ岡山4F

「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会) 先着70名募集中!

=================================================

「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)
「食育」で学校・家庭・地域を変える!(先着70名様*どなたでも参加できます)

=================================================

1.日時 平成21年11月21日(土)13:30~16:30

2.場所 第1セントラルビル1号館(高島屋南隣)3F 中ホール(JR岡山駅より徒歩5分)

3.主催 (社)農山漁村文化協会

4.参加費 無料(事前の申込みが必要です)

5.ねらい————————————————————————-
食生活の向上や地域の食文化の継承、農林漁業への理解などを掲げた食育基本法の制定から4年あまり。食育の課題に取り組むうえで、学校・家庭・地域が連携し、継続的かつ効果的にすすめる手法がみえてきました。
「食と農の応援団」実践セミナー(岡山大会)では、各地で展開されている食育の実践を報告いただき、食育の取組みを通して学校・家庭・地域が具体的にどのように変わったのか、そしてそれを可能にした仕組みを掘り下げていきます。今回報告いただく実践からは、食育の取組みが現代社会において失われてしまった人と人の関係性を取り戻し、絆によって結ばれた新たな社会を展望するヒントになることが生き生きと伝わってきます。

6.報告内容————————————————————————

●食育で「カ・ゾ・ク」を「家族」に結び直す~「弁当の日」の実践から~
香川県・綾川町立綾上中学校校長 竹下和男

●食生活のみつめ直しから人と人の絆づくりへ~「お父さんの料理教室」20年の実践から~
島根県川本町・「お父さんの料理教室」室長 堤浩隆

●地場産給食からはじまった地域づくり~「食と農のまちづくり条例」の実践から~
愛媛県・今治市役所企画振興部企画課 安井孝

●「食育」で進める地域づくりにおける大学の役割~「ぎょしょく教育」プログラムの実践から~
愛媛大学・南予水産研究センター 若林良和

●ディスカッション(報告者・参加者)
コーディネーター 徳島県・阿波市立市場小学校 藤本勇二

7.お問い合せ・申込み ————————————————————

(社)農山漁村文化協会内「食と農の応援団」事務局
Tel:03-3585-1144  Fax:03-3585-3668 (担当:荘司博史)

(社)農山漁村文化協会中国四国支部
Tel:086-231-2693  Fax:086-232-0385 (担当:福留均)

プログラムは食の応援団ホームページにもアップいたします。

09応援団中四セミナー申込書

こちらにも農文協の本があります!!

本屋さんではないけれど、農文協の本のフェア 開催中!

natyu01

高知市にある「ナチュラルハウス高知店」さまでは、なんと農文協フェアを開催中!

ナチュラルハウスさん、といえばオーガニックな自然食品を取り揃えているお店ですが、今回は単行本だけではなく、高知店に関わり深い桐島正一さん(現代農業「自然の声を聞いてシンプル農業」連載中)の掲載されている雑誌バックナンバーや梅原真さんのお家が紹介されている雑誌「住む」などもあわせて置いていただいています。

ナチュラルハウス高知店さんは、高知県の森林率84%にちなんで新しいグリーン産業、グリーン観光を起こそう!という「84プロジェクト」に賛同されています。そこで農文協の本も「森の本」や、山→畑→川→海 とつながっていく本を選書していただいています。

おいしい食材、をおもとめの際にぜひ手にとってご覧になってください。

★ 農文協フェア 9月~11月まで開催中! ★