映画「ある精肉店のはなし」が平成26年度文化庁映画賞文化記録映画部門大賞を受賞

農文協刊「うちは精肉店」の映画版「ある精肉店のはなし」(纐纈あや監督)が平成26年度文化庁映画賞文化記録映画部門大賞を受賞しました。纐纈監督、やしほ映画社さん、ポレポレタイムス社さん、おめでとうございます!

贈賞のことば(戸田桂太・武蔵大学名誉教授)
「家族で牛を飼育し、屠畜してきた精肉を販売する。この仕事を代々続けてきた精肉店一家の日常は活気に満ちている。牛の命と向き合ってきた家業の深奥で光る明るさだろうか。それが映画全編のトーンをつくっている。

屠畜や部落差別というテーマがこうした雰囲気の中で語られたのはこれまでなかったことだ。斬新な視点で地域の「今」を伝え、差別をめぐる人々の意識の変化に迫ったこの映画の「構えの大きさ」を高く評価したい。」

http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54012222/

農業書センター8月のべスト10

1位、2位、農協の意義を問う緊急出版。安易な解体論に理論対抗。
10位、1万円を超える本だが順調な売れ行き。この本を見たくて、と来店される方も。

1位 「農協の大義」(農文協)
2位 「規制改革会議の「農業改革」 20氏の意見」(農文協)
3位 「ファクトブック 2014」(JA全中)
4位 「JAファクトブック 2014」(JA全中)
5位 「哲学者内山節の世界」(新評論)
6位 「土づくりと作物生産」(日本土壌協会)
7位 「新世代の農業挑戦」( 全国農業会議所)
8位 「主権はどこにあるか」(農文協)
9位 「監査手帳 2014年版」(家の光協会)
10位 「原色 雑草診断・防除事典」(農文協)

「伝統音楽の夕べ」蔦谷栄一・政子さんご夫妻演奏会のお知らせ

「日本農業のグランドデザイン」(農文協)、「地域からの農業再興」(創森社)などの著者、蔦谷栄一先生(農的社会デザイン研究所代表)の篠笛、尺八の演奏会を行います。奥様の政子さんも三味線で参加されます。

ご夫妻は海外にも公演に行かれるなど、幅広くご活躍中です。入場無料、ぜひお気軽にいらしてください。

日時 10月9日(木)19:00~20:00
場所 農文協・農業書センター
参加費 無料

20140903164427529_0002

広島・土砂災害にお見舞い申し上げます。ルーラル電子図書館一部無料公開。

おはようございます。広島の土砂災害、胸が痛みます。
被害にあわれた方に謹んでお見舞い申し上げます。

農文協ルーラル電子図書館では、緊急時には災害対策ページの一部を無料公開しております。今回、「雨後の対策」ページがみられるようになっております。お役立ていただければ幸いです。こちらからどうぞ。
http://news.ruralnet.or.jp/at/?cat=14

店内イベント「タネとあそぼう」

本日大地を守る会さんと「のらのら」編集部による子どもたちのイベント「タネとあそぼう」を店内で開催しました。

タネってなんだろう?どうやって出てくるの?まずはタネのお話会。そのあとベランダに出てタネ入り泥だんごをつくりました。10種類以上のタネをまぜこんだ泥だんごをつくり、庭やプランターにまいておくと芽がでてきます。どのタネの芽が出るかはお楽しみ。だんだん上手になって星型やハート型の泥だんごをつくる子どもたちも。

芽がでるのが楽しみです。

農業書センター7月のベスト10

1、5、6位。内山節さんの本が3冊独占。「内山節著作集」(農文協)が刊行開始。フェアを組んだところ、今までの著作もまんべなく売れていくのが内山先生のすごいところ。
「内山先生が愛した本」フェアもあわせて開催中です。

2位、発売直後から入れてもすぐなくなる完売ぶり。数々の優良経営事例、読んでると元気が出てきます。

第1位 「主権はどこにあるか」(農文協)
第2位 「新世代の農業挑戦」(全国農業会議所)
第3位 「ポケット版 田んぼの生きもの図鑑 動物編 改訂版」(NPO生物多様性農業支援センター)
第4位 「JAファクトブック 2014」(JA全中)
第5位 「内山節著作集6 自然と人間の哲学」(農文協)
第6位 「ローカリズム原論」(農文協)
第7位 「ファクトブック 2014」( JA全中)
第8位 「食料・農業・農村白書 平成26年版」(農林統計協会)
第9位 「図解でよくわかる農薬のきほん」( 誠文堂新光社)
第10位 「新版 野菜の作業便利帳」(農文協)

「信仰と食」フェア開催。

おとなりの岩波ホールでは明日から「大いなる沈黙へ」の上映がはじまります。それを記念して、農業書センターでは「信仰と食」のフェアを開催します。
全フランス少女の花嫁修業テキストとなった「修道院のレシピ」、修道士たちの足跡を丹念にたどる「ワインと修道院」。
日本からも、禅的食のこころを粗食を説く「禅と食」、近代以前の肉食を掘り下げる「神と肉」、ほか「アイヌの食事」「アーミッシュ料理」など興味深い本をとりそろえています。
ぜひお立ち寄りください。


「大いなる沈黙へ」公式ページ

http://www.ooinaru-chinmoku.jp/


IMG_1082

【食育イベ ント】7/27・キャンパスプラザ京都2階ホール

yasai00

レシピ集「野菜はともだち」出版記念イベント

「野菜」をテーマに、大人もこどもも一緒に楽しめるワークショップ、食育イベント

●日時:7月27日(日)13:30~
●場所:キャンパスプラザ京都2階ホール
●参加費:大人500円、こども無料
主●催:NPO使い捨て時代を考える会、安全農産供給センター

夏野菜をおいしく食べるひと工夫や簡単おやつ「野菜はともだち」から学びましょう。子どもは野菜ゲームで楽しもう。人形劇もあるよ!おすすめオヤツつき

●講演:「なに食べる?」を誰が来て決めてる?講師:平賀緑(食料政策研究家)
人形劇「わっ歯っは劇場~歯なしになったパナシ君」和田美登里(食と農の応援団)
・ベテラン主婦が伝える「夏野菜のひと工夫」
・野菜ゲームをたのしもう!

チラシはこちら PDF1 PDF2

■書籍『新版 野菜はともだち』

農業書センター6月のベスト10

おとなりの岩波ホールで「みつばちの大地」が公開。コラボ企画でミツバチフェアをやったところ大好評。関連本がたくさん売れました。映画は11日まで。未見の方はお早目に。

土壌医関係の本も相変わらず強いです。

1位 「畑の達人」(エイブル)
2位 蜂蜜一覧(日本養蜂振興会)
3位 「土壌診断と生育診断の基礎」(日本土壌協会)
4位 「だれにもできる 土壌診断の読み方と肥料計算」(農文協)
5位 「養蜂作業ノート 改訂第4版」( 八ヶ岳南麓日本みつばちの会)
6位 「ミツバチ大量死は警告する」(集英社)
7位 「ゼロから理解するコメの基本」( 誠文堂新光社)
8位 「土壌診断と作物生育改善」(日本土壌協会)
9位 「ポケット版 田んぼの生きもの図鑑 動物編 改訂版」(NPO生物多様性農業支援センター)
10位 「自分で出来る打ち抜き井戸の掘り方」( KN企画)